既刊日本産業教育学会誌総目次(4) 『産業教育学研究』(A4版 平均80頁)の掲載論文等の紹介
2011年1月(第41巻第1号)から


1990年以前の目次へ 1991-1999年の目次へ 2000年-2011年の目次へ 2012年-の目次 
最新刊 バックナンバー頒布のご案内 

産業教育学研究 最新刊  
第42巻 第2号 2012(平成24)年7月
<論 文>
本多 満正 中学校技術科の私費負担区分の運用による公費配分の差と不均等の問題
佐藤ゆかり ―教材費措置率の異なる地域の自治体の比較―
白幡 真紀 スキルと学習に対する公共管理の課題
        ―イギリス労働党政権下の行政システムと財政支援戦略の分析より―
<研究ノート>
福本 敦  工業高校と公共職業訓練校の専門教育に関する一考察
        ―専門教科の実授業時間と実訓練時間との比較から―
<書 評>
佐藤 博樹 編著 『働くことと学ぶこと―能力開発と人材活用』(田口 和雄)
<図書紹介>
岩木 秀夫・大淀 昇一 著 『教育入門 ―文献で読み解く教育の社会的基盤―』(白旗 希実子)
ウィリアム.J.スタル、ニコラス.M.サンダース 編 横井 敏郎ほか 訳  『学校と職場をつなぐキャリア教育改革』(横尾 恒隆)
李 敏 著  『中国高等教育の拡大と大卒者就職難問題 ――背景の社会学的検討』(陸 素菊)
<ABSTRACTS>
<会員フォーラム>
<活動のわ>
<『産業教育・職業教育学ハンドブック』の刊行について>
<編集規程の改正について>
<学会ニュース>
<日本産業教育学会第53回大会案内>

産業教育学研究  
第42巻 第1号 2012(平成24)年1月
<日本産業教育学会第52回大会報告>
記念講演   「「教育」の諸問題と改革の視座 −誰もが誇りを持てる職業と自立をめざして−」(田中 萬年)
シンポジウム 「転換期における企業内教育」
<資 料>
八幡 成美  米国ジョージア州でのレディネス・テストの運用効果:Georgia Work Ready の現状と課題
<書 評>
植上 一希 著 『専門学校の教育とキャリア形成  ―進学・学び・卒業後』(川越 宏樹)
生田周二・大串隆吉・吉岡真佐樹 著  『青少年育成・援助と教育: ドイツ社会教育の歴史、活動、専門性に学ぶ』(吉留 久晴)
濱口 桂一郎 著 『新しい労働社会 ―雇用システムの再構築へ』(佐々木 英一)
<自著紹介>  
伊藤一雄・佐藤史人・堀内達夫 編著 『キャリア開発と職業指導 ―大学・高校のキャリア教育支援―』(西 美江)
<ABSTRACTS>
<日本産業教育学会第52回大会報告 つづき>
<研究部会報告>
<会員フォーラム>
<学会ニュース>
<日本産業教育学会第53回大会予告>


このページの左側に目次フレームが表示されていない場合は、ここ(目次表示)をクリックしてください。

本総目次は木村誠会員(静岡大学)が『産業教育学研究第24巻第1号』に整理発表した同名の資料に、第24巻第1号以降の論文等を事務局が追加したものです。

『日本産業教育学会研究紀要』『産業教育学研究』バックナンバーの頒布について

 下記の号は残部がありますので、ご希望の方にお分けいたします。費用は頁数に限らず一律で、第38巻第2号まで会員は一部2,000円、非会員は一部3,000円です。第39巻第1号(2009年)以降については、会員は一部2,500円、非会員は一部3,500円です。なお、送料は事務局が負担します。但し、部数に限りがありますので、ご了承下さい。
 ご希望の方は、希望の号数番号をFAX、葉書、電子メールのいずれかで事務局にお申し込み下さい。到着後、送付された部数の代金を郵便振り込みでご送金下さい。
 なお、別記のように図書館等が学会誌の購入機関となられた場合も、会員価格となります。

残部号

『日本産業教育学会研究紀要』第9号,第17号,第19号
『産業教育学研究』第24巻第1号〜最新号まで