論文投稿の案内

「産業教育学研究」論文投稿のご案内


〈編集規程〉
1.本誌は日本産業教育学会の機関誌であり、年1巻として2号に分けて原則として1月末と7月末に発行する。なお、本誌の著作権は、原則として、本学会に帰属する。
2.本誌には産業教育に関する本学会会員の研究論文の他、書評、学会ニュース等の研究活動に関する記事を掲載する。
3.本誌の研究論文は、下記の「論文」、「研究ノート」、「実践研究」および「資料」の4種に区分する。
(1)「論文」は、科学論文として実証性、論理性、独創性があり、学術的価値があると認められるもの。
(2)「研究ノート」は、学術的に萌芽的な内容で今後の発展が期待され、かつ価値があると認められるもの。
(3)「実践研究」は、教育実践をもとに記述し、価値ある提言、結論を導きだしているもの。
(4)「資料」は、学術活動に貢献する価値ある情報、重要な知見などを整理したもの。
4.原稿の掲載は編集委員会の審議を経て決定するものとする。必要に応じて専門分野の会員に査読を依頼する。掲載予定の原稿について、編集委員会は内容の変更を求めることがある。
5.研究論文の査読に関する必要な事項は編集委員会が別途定める。
6.原則として発行月の5ヶ月前までに投稿された原稿を掲載するよう編集するものとする。ただし、連続する号で、同一会員による研究論文の掲載はしない。
7.本誌の形態はA4判縦向き横書きを原則とする。


〈投稿規程〉
1.投稿する原稿は未発表のものに限る。ただし、口頭発表、プリント等の場合はこの限りでない。
2.投稿しようとする会員は、会費を完納していなければならない。所定の投稿申込書を用い、投稿要綱に従い随時学会誌編集委員会連絡先に送付する。
3.連名者がいる場合、筆頭者は本学会会員でなければならない。
4.投稿した原稿は原則として返還しない。
5.研究論文は、学会誌面で8頁以内とする。その他の投稿の場合には、投稿者は事前に編集委員会に確認する。
6.投稿する会員はワープロ等により出力したレイアウト原稿及び図表を、各5部(複写可)をゼムクリップで綴じて、送付する。レイアウト原稿の作成は〈レイアウト原稿作成要領〉に従う。最初の投稿原稿には氏名、所属は記さない。氏名等は最終段階のレイアウト原稿に記す。
7.研究論文投稿の場合、謝辞は投稿時には記さず、その記載のためのスペースを確保する。
8.投稿の〆切を、第1号が8月末日、第2号が2月末日とする(消印もしくは宅配便受付日有効)。

*投稿申込書は、学会誌裏表紙見返しに掲載の書式を複写するか、あるいは本ウェブページからPDF版をダウンロードして用い、投稿原稿に同封すること。


〈投稿要綱〉
1.投稿の封筒の表に、「投稿」と朱書きする。
2.最初の投稿時には、記録媒体は不要である。
3.研究論文審査の結果報告の指示に応じて、必要事項を訂正し、原稿を入力した記録媒体、縮小(拡大)率を記した原図及びレイアウト原稿を送付する。
4.執筆者校正は原則として1回行う。2校は執筆者が指示した箇所について編集委員会が行う。
5.研究論文の別刷りが必要な投稿者は実費を支払うものとする。


〈レイアウト原稿作成要領〉
1.レイアウト原稿とは、完成した学会誌の誌面の通りに文章、図表等が配置されている原稿をいう。
2.レイアウト原稿はA4判の用紙に縦向きで作成する。
3.提出する場合のレイアウト原稿は、ワープロ出力を切り貼りしたもののコピーでかまわない。なお、ヘッダ(柱)は付けなくて良い。
4.学会誌の完成時における1頁のレイアウトについて、本文(註および参考文献を含む)は27字50行2段組とする(Word等のワープロソフトによる註の自動割付けにご注意ください)。
5.タイトル、氏名及び所属等は、1頁目に初めの10行を目安に記す。氏名に続けて、括弧の中に所属を記す。研究論文には、1列50字で5行以内の「概要」と数項目の「キーワード」を先頭に付ける。
6.本文(註および参考文献を含む)の文字は9ポイント、図表の文字は8ポイント以上とする。
7.研究論文の最終行には、(20XX年XX月XX日  受理)及び(20XX年XX月XX日 再受理)を2行追加する。
8.特殊な文字や編集上に注意を要する文字については朱で注意書きする。
9.ワープロで出力できない文字は、朱で作字を指示する。
10.研究論文には、別紙に英文タイトル及び300語以下のAbstractを作成する。Abstractにはタイトル及びキーワードの英綴りを記す。

(1993.5.19.編集委員会決定。1993.10.31.大会承認。2000.10.7.編集委員会改正。2008.7.5.編集委員会改正。2012.5.12.編集委員会改正。2012.11.4.編集委員会改正。2013.5.11.編集委員会改正。)


電子化された情報に関する注意事項(2008年4月26日 編集委員会決定)

インターネット掲載・CD等の電子化された資料を典拠とする場合、その書誌情報の提示は、印刷媒体での方式に基本的に従った上で、資料検索時の日付とURL等を書き加える。そして、たとえURL等が変更になったとしても、当該資料を容易に確認できるだけの書誌情報を提供しなければならない。また、引用部分にページを記していない場合、検索日とURL等に加え、小見出しなどを示すことにより、当該箇所が特定できるようにする。

表記の例示
<注記方式の場合>
1) 日本産業教育学会『日本産業教育学会ホームページ』(名古屋:日本産業教育学会事務局, 作成年不明)http://www.jssvte.org/ (検索日 2008年7月31日).

1. Julian Samora and Patricia Vandel Simon. A History of the Mexican-American People, rev. ed. (East Lansing, MI: Julian Samora Research Institute, Michigan State University, 2000), under “Civil War in Mexico,” http://www.jsri.msu.edu/museum/pubs/MexAmHist/chapterl4.htmt#six (accessed December 19, 2005).

<参考文献方式の場合>
日本産業教育学会. 『日本産業教育学会ホームページ』. 名古屋:日本産業教育学会事務局, 作成年不明. http://www.jssvte.org/ (検索日 2008年7月31日).

Samora, Julian. and Patricia Vandel Simon. A History of the Mexican-American People. Rev. ed. East Lansing. MI: Julian Samora Research Institute. Michigan State University. 2000. http://www.jsri.msu.edu/museum/ pubs/MexAmHist/chapterl4.htmt#six (accessed December 19, 2005).

[参考文献]
Turabian, Kate L. A Manual for Writers of Research Papers, Theses, and Dissertations: Chicago Style for Students and Researchers, 7th ed. revised by Wayne C. Booth, Gregory G. Colomb, and Joseph M. Williams. Chicago: University of Chicago Press, 2007.

なお、インターネット掲載等の資料を典拠とした場合、査読時にその内容が確認できなかった際のリスクは、すべて投稿者が負う。また、出典が有料データベース等となる場合、確認に要する費用は、派生する間接的経費を含めて投稿者がすべて負担となる場合もある。


補足

・従来なかった「投稿規程」を新設し、「ワープロ入力要領」は廃止されました。
・編集委員会連絡先は、学会誌最新号で確認すること。
・投稿の際には、念のため、学会誌最新号の表紙見返しに記載の諸規定(編集規程、投稿規程、投稿要綱、レイアウト原稿作成要領)をご確認ください。
・レイアウト原稿書式ファイル(マイクロソフト社MS-Wordファイル)と投稿申込書PDF版を下記からダウンロードできます。デスクトップ等に一旦保存した後にご利用ください。
 レイアウト原稿書式ファイル 
    投稿申込書PDF