Category Archives: 中国・四国地区部会

3/30オンラインイベントのご案内(心理学をキーワードとした学会間連携の模索)

日本産業教育学会 の皆さんへ

中国四国地区部会の「この指とまれ型イベント」
(部会員が提案し、部会役員了承を得て部会内展開するイベント)
として、下記のオンラインミーティングを行います。

このイベントは本学会員員であり、
同時に認定心理士である片山勝己が、心理学をキーワードに
今後「何かと何か」
(特に、学会と学会、学会と市民、学会と企業)を
繋ぐ夢を語ります。

皆さんのご参加を心からお待ちしています。
中国四国地区の方は勿論、それ以外の本学会員の方のご参加や、
本学会にはまだ参加していないが、
本学会に興味をお持ちの方のご参加も大歓迎です。

**********************************************************
日本産業教育学会・中国四国地区部会・事務局
片山 勝己 (Katayama Katsumi)
katsumi.katayama<a>nifty.com <a>を@に書き換えください。
**********************************************************

PS
本イベントは下記イベントの失敗(参加者3名のみ)を学びとした
再試行でもあります。
—–Original Message—–
From: owner-news@jssvte.org <owner-news@jssvte.org> On Behalf Of kazu.ogino@nifty.com
Sent: Friday, January 17, 2020 8:53 PM
To: news@jssvte.org
Subject: [news:00111] 2/15(土)  中国四国地区部会内お茶会 @広島のご案内 (お題:発達障がい)

♪Zoomによるオンライン「ミニ講演&対話の会」開催のお知らせ(参加無料)

テーマ:
企業で活躍する認定心理士から学ぶ ~心理学で広がる社会との「連携」〜

日時:
3月30日(月)午後7:30〜9:00
(途中参加・退出可、希望者による30分程度の延長あり)

話題提供者:
片山勝己 氏(自動車会社勤務、産業教育学会会員、放送大学生)

企画・進行:
浅野良雄(対話法研究所 所長、心理カウンセラー、認定心理士)

参加対象:認定心理士をはじめ、心理学や教育に関心をもつ皆さん
(今回は、テーマの性質上、認定心理士以外のひとにも参加を呼びかけます)

内容の概要:
話題提供者の片山さんは、認定心理士の資格をもつエンジニアとして、自動車メーカーに勤務しています。昨年の「日本心理学会」第83回大会でのポスター発表をもとに、心理学を業務に活用してきた実践と今後の展望を語っていただきます。
片山さんは、「心理学は自分の第4専門であり、それゆえに自分はπ型人間の進化形であるアーチ型人間になった」と言います。そして、今後は、「何かと何か」(特に、学会と学会、学会と市民、学会と企業)を繋ぐ役割をするのが夢とのこと。
当日は、片山さんの「アーチ型人間」像についてお話いただき、それをヒントにして、認定心理士の社会的役割について参加者同士で語り合います。

————————

当日のZoomのURLは下記です。
https://us04web.zoom.us/j/9094186829
参加申し込みの必要はありませんが、参加を希望する方は、事前にご一報いただけると嬉しいです。→産業教育学会の方は片山までメール連絡ください。
全員でスムーズに開始できるよう、原則として「開始5分前」までに入ってください。
お会いできることを楽しみにしております。

2020年2月1日 産業教育学会中国四国地区部会 実施報告

日本産業教育学会 学会員の皆さんへ

部会が無事終了しました。
参加者は20名でした。中国四国地区外からの参加が25%、学会外参加者が50%、部会外参加者が85%と高率であり、学会内他部会や学会外にも開かれたイベントとなりました。
研究・見学会以外の関連イベント(昼食会、広島観光)も盛り上がりました。
詳細な報告につきましては、下記リンクのPDFをご覧ください。
  2020年2月1日 産業教育学会中国四国地区部会 報告

日本産業教育学会・中国四国地区部会・事務局
片山 勝己

2020年2月1日 産業教育学会中国四国地区部会 案内

日本産業教育学会 学会員の皆さんへ

標記部会を下記の要領で実施します。
皆さんのご参加を心からお待ちしています。

1.日時: 2020年2月1日(土) 14:00~17:00
2.場所: 学校法人古沢学園 (広島都市大学グループ)
        広島都市学園大学 西風新都キャンパス
        〒731-3166 広島県広島市安佐南区大塚東3丁目2−1
        交通アクセス

3.内容
3-1.古沢学園概要説明
3-2.古沢学園施設見学
3-2-1.専門学校広島工学院大学校
3-2-2.広島都市学園大学健康科学部 リハビリテーション学科
3-3.渡邉慶太さん(学会外ゲストスピーカー)
    広島大学大学院社会科学研究科マネジメント専攻・修了生
    「専門学校生におけるリアリティショックに関する研究」

4.参加申し込み(それぞれ片山までメール連絡ください/連絡文案下記)
4-1.1次締切 20/1/15(水)
4-2.2次締切 20/1/27(月) 
注: 2次募集中です(現時点参加予定者:17名)

5.その他の連絡事項
5-0.参加費無料
5-1.基本現地集合ですが、場所不案内の方のために、
    下記の副集合場所を設定します。
    広島駅中央口 12:30  ※下記に変更になりました
    JR横川駅 南口改札口 13:00
5-2.当日18時から広島駅近辺で懇親会(夕食会)を開催します。
5-3.当日、集合前に広島「お好み焼きツアー」を
    翌2/2(日)に広島観光ツアーを別途計画中です。
    参加申し込み時に合わせてご連絡ください。
5-4.中国四国地区部会に入っておられない方のご参加も大歓迎です。
    本学会に入会を検討されている非学会員の方の
    オブザーバー参加も歓迎します。

**********************************************************
日本産業教育学会・中国四国地区部会・事務局
 片山 勝己 (Katayama Katsumi)
katsumi.katayama<a>nifty.com <a>を@に書き換えください。
**********************************************************

PS(4項メール回答文例)
    2/1部会に参加します。
    当日集合前お好み焼きツアーに: 参加します。
    当日広島駅に集合します。
    当日夕刻の懇親会に参加します。
    翌日の観光ツアーに参加します。

2017年度中四国地区部会 第3回研究会(専門学校見学)のお知らせ

※他地区の会員もぜひどうぞ。

<日時>
2018年 3月9日(金)14:30~19:30
および 3月10日(土)9:40~11:00

<開催地> 山口県山口市
<概要>  専門学校見学およびオープンキャンパス見学

<見学先>
専門学校YICグループ本部(yic.ac.jp)※アドレス冒頭「w」3つ略

<スケジュール>
・3月9日(金)YICスタジオ
 14時30分~14時40分  挨拶
 14時40分~15時10分  学校紹介
 15時10分~15時40分  館内見学
 15時40分~15時50分  休憩
 16時00分~16時30分  YICグループ経営について
 16時30分~17時20分  意見交換
 17時30分~19時30分  懇親会

・3月10日(土)YICスタジオ三校合同オープンキャンパス
 9時40分集合
 10時00分~11時00分  見学
 解散

<その他お知らせ>
・専門学校YICグループ専門学校は山口県に7校の専門学校、
 京都府に3校の専門学校と1校の日本語学院を持つ総合教育機関です。

・宿泊は、同校に隣接する「山口グランドホテル」が便利です(新山口駅近く)。

・他地区の会員の方々も、ぜひご参加ください。
準備の都合上、他地区の会員で参加を希望される方やご質問がおありの方は、jssvte_c4★freeml.com宛にお知らせください(★印を@に変換してください)。

以上、中四国地区部会長 平田眞一
   文責・中四国地区部会事務局長 長尾由希子

2017年度中四国地区部会 第2回研究会 のご報告(概報)

 http://www.jssvte.org/?p=1041
にて開催案内した、中国四国地区部会(2017年8月25日(金)14:00-17:00、愛媛県・松山市 河原学園)の概要を速報します。
見学先河原学園関係者3名、本部会員4名、オブザーバー参加者(大学教員)1名の計8名の参加を得て、少人数・短時間ではありましたが有意義な会となりました。

170825%e9%83%a8%e4%bc%9a%e5%86%99%e7%9c%9f

170916_170825%e9%83%a8%e4%bc%9a%e8%a1%a8_%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

3の河原学園さま概要説明は、説明と質疑応答を同時進行したためか、とても活発で楽しい時間となりました。今回見学先校舎には4年制看護大学(人間環境大学・松山看護学部、2017年4月開設)と、河原医療大学校(3年制看護学科他)が同居しています。全国的に珍しい形態であるため、学校種の違う同じ看護師養成校の連携の在り方、機能峻別等が特に活発に議論されました。現在設立に向け盛んに議論がされている、専門職大学のことも話題に上がりました。
楽しく、かつ有意義なひと時でした。次回部会は18年1月ごろ、山口で開催する方向で調整することをを確認後、散会しました。

文責: 片