Author Archives: 長尾由希子

About 長尾由希子

事務局:    長尾由希子
事務局IT補佐: 片山勝己

2017年度中四国地区部会 第2回研究会 のご報告(概報)

 http://www.jssvte.org/?p=1041
にて開催案内した、中国四国地区部会(2017年8月25日(金)14:00-17:00、愛媛県・松山市 河原学園)の概要を速報します。
見学先河原学園関係者3名、本部会員4名、オブザーバー参加者(大学教員)1名の計8名の参加を得て、少人数・短時間ではありましたが有意義な会となりました。

170825%e9%83%a8%e4%bc%9a%e5%86%99%e7%9c%9f

170916_170825%e9%83%a8%e4%bc%9a%e8%a1%a8_%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

3の河原学園さま概要説明は、説明と質疑応答を同時進行したためか、とても活発で楽しい時間となりました。今回見学先校舎には4年制看護大学(人間環境大学・松山看護学部、2017年4月開設)と、河原医療大学校(3年制看護学科他)が同居しています。全国的に珍しい形態であるため、学校種の違う同じ看護師養成校の連携の在り方、機能峻別等が特に活発に議論されました。現在設立に向け盛んに議論がされている、専門職大学のことも話題に上がりました。
楽しく、かつ有意義なひと時でした。次回部会は18年1月ごろ、山口で開催する方向で調整することをを確認後、散会しました。

文責: 片

2017年度第2回 中四国地区部会会合(学校見学会および地区部会研究会)の議事録

2017年8月25日(金)、中四国地区部会の会合が愛媛県松山市にて開かれました。

内容は、学校見学会と地区部会研究会です。

西日本最大級の学校法人である河原学園の擁する医療大学校および人間環境大学松山キャンパスの見学を行い、その後、地区部会研究会を行いました。

河原学園ではオープンキャンパス前日であったにもかかわらず、理事長をはじめ、医療大学校事務長、大学松山キャンパス事務部部長さまにご協力いただき、地区部会会員との間で活発な議論が可能となりました。その後会議室をお借りして開催した地区部会でも、密度の濃い議論がなされました。

議事録はファイルの通りです。

(以上、文責・長尾由希子)

170825_産業教育学会_中国四国地区部会_議事録

2017年度中四国地区部会 第2回研究会のお知らせ

下記の通り、2017年度 第2回中四国地区部会を実施します。

・日時 2017年8月25日(金)14:00-17:00(予定)
・場所 河原学園本部
・概要
 (1)河原学園 専門学校見学
 (2)地区部会会合

他地区の会員で参加を希望される方やご質問がおありの方は、jssvte_c4@freeml.com宛にお知らせください。
なお、見学先である河原学園に本件をお問い合わせすることはお控えください。

中国四国地区部会 広島自動車大学校見学・研究会(概報)

17年6月3日(土)に学校法人古沢学院の広島自動車大学校で見学会・研究会を行いました
(参加計12名・実施実績時間割り下表の通り)。

表.見学・研究会時間割(実績)

No 実  施  事  項 担当
挨拶(部会代表、見学先代表)・参加者自己紹介 7  
学会説明  (構成員、歴史、学会名由来等) 10 平田・寺田
研究報告    
3a 「職業教育における地方研究の意義」 43 寺田盛紀
3b 「マツダの生産技術者から見た、自動車整備士」 35 片山勝己
4 学校施設見学(電気実習室、シャーシ実習室他) 32 全員
5 懇談会 (本日の感想、日ごろの関心事等) 38 全員

研究報告で論点整理・新視座提供がされました。見学会で実際の教育現場に触れたことは大きな刺激となりました。最後の懇談会ではこられを受けたためか、大盛況となりました。特に、専門職業大学に関連する活発な議論・意見交換がなされました。
次回会合での再会が楽しみな、有意義な会となりました。

写真.                                http://www.jssvte.org/wp-content/uploads/2017/07/1706033_C4_photo1.jpg http://www.jssvte.org/wp-content/uploads/2017/07/1706033_C4_photo2.jpg

(文責:中国四国地区部会・事務局補佐 片山勝己)