ホーム

日本産業教育学会は、急速に進化しつづけている技術革新下で生じている諸問題について、研究室の教育学徒と生産現場の教育担当者とが、生産活動と消費生活のためのあらゆる教育問題の側面から、ともに研究討議する場として設立された学会です。学生、大学院生も含め、問題意識を共有する若手研究者の積極的な参加をお待ちしています。

<学会活動のキーワード(学会員の主な研究領域)>
産業教育、職業教育、仕事の学習、技術教育、職業能力開発・職業訓練、高等専門学校教育、専門学校・各種学校教育、専門職教育、職業指導・進路指導、キャリア教育、企業内教育・人材開発、人事管理・経営学、就職・職業資格制度、労働問題、継続教育・生涯学習、技術科教育 工業教育、農業教育、商業教育、看護教育、福祉教育、情報教育、家庭科教育、水産教育


<会員の皆様へ:宣伝メールにご注意ください>
日本産業教育学会会員の皆様
最近、若干の会員に対して、会員を名乗り、人材関係ビジネスの宣伝メールを送りつけてくる動きがあります。このような行動は、学術研究、教育実践交流を旨とする本学会の趣旨とは相容れるものではありません。会員の行動であるとすれば、著しい、会員倫理に反する行為であると考えます。さしあたって、念の為に、HP等開かれないよう、会員の皆様にご注意を喚起するものです。
日本産業教育学会長・寺田盛紀(2013年10月30日)


新着・更新情報

【2016年12月1日】
第49回 関東/東海・北陸地区部会 共催 金沢研究会のご案内
定員がありますので、参加を希望される方はお早めの申込みをおすすめします。
■申込先:araigoro@uitec.ac.jp
■テーマ 「職業に必要な汎用的能力の育成方法について」
■開催趣旨
近年、21世紀型スキルなど、これからの社会で万人に必要とされる能力の検討が国を越えて進んでいる。職業資格取得にあたってもこうした汎用的な能力が必要とされ、日本の職業教育においても、職業に必要な汎用的能力の育成が不可欠であると言える。しかしながら、巷には様々な「○○力」が溢れてそれらの実態や関連や価値が分かりにくくなっており、尚且つ、こうした能力を育成する具体的な方法も十分に発展・定着しているとは言い難い。
今回の研究会は、「職業に必要な汎用的能力の育成方法」に焦点をあてて、事例報告とそれに対する質疑討論を行うことで、その意義や育成方法の理解を深めたい。
■開催場所 石川県金沢市・石川四高記念館(予定)
http://www.pref.ishikawa.jp/shiko-kinbun/room/index.html
■スケジュール 2017年1月28日 13:00~16:00
■参加費 無料
■詳しくはこちら